Top >  BMX >  他の自転車にはないBMX独自のパーツ

他の自転車にはないBMX独自のパーツ

BMXには前後輪にペグというパーツがあり、それが他の自転車とは違う大きな特徴といえるでしょう。
ペグはフラットランドではトリックをする時に足を置くところで、ストリートやパークではグラインドをする時に必要となるパーツです。

フラットランドとストリートでは、使い方が違うのでペグにも違いがあります。
BMXのストリート用では、ペグを段差などに引っかけて滑ったりするので、滑りやすいようにコーティングがされています。
一方BMXのフラットランドでは、足を乗せたときにバイクが安定するために太い造りになっており、滑り止めのコーティングがされています。

前輪のペグは円柱の太いまま使用するとフォークに干渉してしまいます。
また、前輪につけるペグの多くは付け根部分が細い造りになっています。
ストリート用の細いペグは、その太さのままで取り付けられることもあります。
ペグにもハブと同じように穴の径が2種類あり、ハブが14ミリでペグが10ミリの場合、取り付けることは出来ません。
逆に、ハブが10ミリでペグが14ミリの時には、ペグアダプターを使うことで取り付けることが出来ますが、基本的にはペグとハブの径が同じものを使うほうがよいでしょう。
ちなみにペグアダプターは、ペアで700円ほどで販売されています。

フラットランドの後輪のペグは、前輪のペグと同様に太めに作られていますが、後輪のペグは前輪とは違って、フォークのオフセットに干渉することがないので付け根が細い造りにはなっていません。
BMX初心者であるユーザーはウィリー等、後輪のペグを使ったトリックから練習することが多いので、ペグの減りは後輪のほうが比較的早いと言えます。

フラットランドのタイヤの幅は細い方が小回りがききます。しかし、バイクに安定感を出したいときはタイヤの幅を広くしたほうが安定します。
タイヤサイズを変える時には、チューブもその幅に合わせたものにしなければなりませんので、注意が必要です。
タイヤの替え時は、全体的に溝が見えなくなってきた時になります。

>>人気のBMX一覧を表示


BMX

BMXはパーツをユーザーの好みや技術によってメンテナンスしたり、カスタマイズを試みたりすることが楽しみの一つであります。是非皆さんもBMXの魅力を堪能してください。

関連エントリー

他の自転車にはないBMX独自のパーツ これはBMXにとって重要なパーツ! BMXのパーツを覚えよう! BMXの自分流の楽しみ方 BMXはスノーボードよりも迫力があるかも!? 飛ぶことって楽しい!? BMXフリースタイル用バイクの種類 初心者の方のBMX BMXの競技 BMXってどんな自転車? BMXを見た感想 BMXにおけるストリートでの楽しみ方 BMXの各パーツの名前を紹介 BMXの基本的なトリック(技) BMXのメンテナンス方法の基本 BMXとはどんな自転車なの? BMXにおけるペグの役割 初心者の方がBMXを始める前に BMXのフラットランドでの楽しみ方 BMXのさまざまなパーツの選び方 BMXのタイヤのメンテナンス方法 BMXのメンテナンス方法 BMXを購入する際の注意 BMXのパーツ これからBMXを始めたい方へ BMXを中古で購入したい方のために BMXをお得に購入するためにはどうすればいいの? BMXをヴァーチャル体験しよう! BMXライダーがおすすめするSHOP『BMXRIO』 BMXのブログ


食事療法