Top >  BMX >  BMXの各パーツの名前を紹介

BMXの各パーツの名前を紹介

BMXの各部分のパーツの名前を全てご存じですか?
説明文を読んでいても、パーツの名前や何をさしているのかがわからなければ、意味が通じない場合もありますよね。
そこで、各パーツの名前と簡単な説明をしたいと思いますので、是非参考になさってください。

まずは、手前の部分から『ハンドルバー』です。
通常ハンドルと呼ばれている部分で、普通の自転車にも付いているものなので誰でもご存知の部分だと思います。
そしてハンドルのすぐ下に、ハンドルを固定するパーツ『ステム』というものがあります。これはフラットランドでバランスをとるのに重要な役目をしています。
そのステムの下に、ハンドルをくるくる回してもブレーキワイヤーがからまないようにしてくれる『ジャイロ』というBMX特有のパーツがあります。

次に、前輪・後輪と『タイヤ』があり、このタイヤとハンドルをつなげる役目をしているのが、『フォーク』というパーツです。これはタイヤを支える役割も果たしています。

その他には、タイヤを固定する『リム』というパーツがあります。これはブレーキを挟む役目をしています。『リム』は一般的にメッキ加工された『メッキリム』が使われています。

フラットランドで使用する『ペグ』というパーツは、前輪・後輪の中心に1本ずつ取り付けることができるBMX特有のパーツで、それに足を乗せたり掴んだりすることに使用されています。

お尻を乗せる部分を『サドル』と言います。フラットランドでは、サドルは掴んだりする事が主な使用方法になります。そしてこれは上下の高さ調整ができるようになっています。
サドルとハンドルの間に、『トップチューブ』というパーツがあります。これはフラットをする人に必要な部分と言えるでしょう。

足を乗せる部分を『ペダル』と言います。そしてそのペダルと接続されている部分を『クランク』と言います。
一番大きなギアの部分を『スプロケット』と言います。それは大きさによってスピードが変わってきます。これらの他に、サドルを支える『シートポスト』や『シートポストクランプ』というパーツがあります。

このようにBMXは、たくさんのパーツが組み合わさってできた自転車であり、一般的に私たちが移動のために使用する自転車とは目的が全く違った自転車なのです。

>>人気のBMX一覧を表示


BMX

BMXはパーツをユーザーの好みや技術によってメンテナンスしたり、カスタマイズを試みたりすることが楽しみの一つであります。是非皆さんもBMXの魅力を堪能してください。

関連エントリー

他の自転車にはないBMX独自のパーツ これはBMXにとって重要なパーツ! BMXのパーツを覚えよう! BMXの自分流の楽しみ方 BMXはスノーボードよりも迫力があるかも!? 飛ぶことって楽しい!? BMXフリースタイル用バイクの種類 初心者の方のBMX BMXの競技 BMXってどんな自転車? BMXを見た感想 BMXにおけるストリートでの楽しみ方 BMXの各パーツの名前を紹介 BMXの基本的なトリック(技) BMXのメンテナンス方法の基本 BMXとはどんな自転車なの? BMXにおけるペグの役割 初心者の方がBMXを始める前に BMXのフラットランドでの楽しみ方 BMXのさまざまなパーツの選び方 BMXのタイヤのメンテナンス方法 BMXのメンテナンス方法 BMXを購入する際の注意 BMXのパーツ これからBMXを始めたい方へ BMXを中古で購入したい方のために BMXをお得に購入するためにはどうすればいいの? BMXをヴァーチャル体験しよう! BMXライダーがおすすめするSHOP『BMXRIO』 BMXのブログ


食事療法